奄美信用組合で横領した職員は誰で名前や顔画像は?犯行動機や着服金額や期間についても

今回は、奄美信用組合で3283万円着服し、ネットカジノなどの遊興費に使った30歳職員を懲戒解雇、刑事告訴はしなかったという事で、職員について調べてみました。

顧客の預金を不正解約し定期証書偽造などの疑いがあると見られていますが、つい最近の山口県での誤送金問題とは違いますが、ネットカジノといった部分では共通点があるので観ていきましょう。

目次

奄美信用組合で横領した職員は誰?

横領した職員は誰なのかというところですが、詳しい情報は見つけられませんでした。分かっている事は、30歳の男性職員であるとの事です。

逮捕されてませんから詳しい情報が世間に出てしまったら、更生する事が難しくなってくると思いますので周りの人間が見守って行く他にないですね。

奄美信用組合で横領した職員の名前は?

名前についても詳しい情報は見つけられませんでした。ニュースにはなっていますが、元男性職員の今後を踏まえて情報公開はされない可能性は高いです。

間違っても奄美信用組合へ問い合わせの連絡はしないでください!

奄美信用組合で横領した職員の顔画像は?

当然のことながら、刑事告訴せず逮捕されていませんので顔画像についても公開はされていません。奄美信用組合で懲戒解雇はされましたが、人生がそこで終わった訳ではありませんので、今後は更生して真剣に働いて着服金額を返済していく事を願います。

こちらに関しても同様に、間違っても奄美信用組合へ問い合わせの連絡はしないでください!

奄美信用組合で横領した職員の犯行動機は?

詳しい犯行動機についても分かりませんが、ネットカジノなど遊興費や着服先への穴埋めに使っていたとされておりますので、遊ぶ金欲しさに感覚が麻痺してしまったのか?ネットカジノで歯車が狂ってしまった可能性は高いですね。

今年7月2日、顧客から元職員の業務対応に関して支店に連絡があり発覚。1日にさかのぼって解雇した。元職員がこれまで担当した全顧客を調査した結果、他に着服はなかった。被害者には組合が全額弁済した。今後、元職員の身元保証人から全額弁済を受ける予定で、刑事告訴はしない。

yahooニュ-ス

被害者には組合が全額弁済したとされておりますが、元職員の身元保証人が今後全額弁済をされる予定というのは驚きますね。身元保証人は恐らくは親だと思うのですが、金額が大金なだけに30歳で親に迷惑をかける息子にはなって欲しくないです。しかしながら、金は何とかする事が出来ても命はどうにもならないので人生の先を考えて行動を取っていただきたいものです。

奄美信用組合で横領した職員の着服金額は?

奄美信用組合で横領した着服金額は3283万円とされておりますので、家一軒が買えてしまう金額ですね。通常では考えられない金額ですがネットカジノなどで数字だけ観ていると感覚が麻痺してしまうのでしょうか?

金額が大きいので、労働収入で返済するには何年もかかる可能性は高いです。かと言って、一獲千金で宝くじなどを当てて返す事も難しい話ですから、コツコツと人生を懸けて返していくしかないですね。

奄美信用組合で横領した職員の犯行期間について

犯行に及んだ期間については、組合によりますと不正があったのは2020年3月2日~22年6月30日とされておりますので、約2年もの期間に誰にも気付かれずに犯行があった事となります。

約2年も気付かれなかった横領は奄美信用組合の管理不行き届きとも言えてしまいますが、当然のこと犯行に及んだ元男性職員が1番悪いので、今後組合側としては、【実効性ある再発防止策を講じるとともに、役職員のコンプライアンス意識の徹底と内部管理体制のさらなる強化を図る】とコメントを出していますが、実践していって頂きたいですね。

まとめ

以上が、今回の【奄美信用組合で横領した職員は誰で名前や顔画像は?犯行動機や着服金額や期間についても】の調査でした。

最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる