エリザベス女王の死因は病気?公表されない理由と老衰なのかも調査

今回は、2022年9月8日に死去したエリザベス女王について調べてみました。

享年96歳という事で、長い期間王位継承とはなりませんでしたが、2022年9月9日に即位後初の演説をチャールズ新国王が行いました。

目次

エリザベス女王の死因は病気?

実は、エリザベス国王の死因については、世界的に公表されていません。普通に考えたら96歳という年齢でしたので、老衰で亡くなわれたなどの公表があっても不思議ではないですが、もしかしたら何らかの病気を患っていたか、何か公表できない死因があったのかも知れません。

老衰とみられるだろうが、病院に入院されなかったところをみると、無理な延命治療をしない方針だったとみられる。長期間の延命は君主制にとって危険であるということで、生前退位しない方針をきめたときに予定されたことだ。バチカン市国では、ヨハネ・パウロ2世が、退位されない代わりに、教皇庁内の病院で可能な治療に留められたこともあり、ベネディクト16世は退位を選ばれた。亡くなったときに、誰がいたかなどは公開されないだろうとBBCは報じている。もしかすると、かなり前に亡くなっており、家族が集まるのを待っていた可能性もあると言うことだろうか。

アゴラ

96歳という年齢でしたから、病気療養などの入院はせず自然な流れで過ごされていた様ですね・・・しかしながら、真相は明らかになっておりません。

エリザベス女王の死因が公表されない理由は?

上記項目でも述べていますが、死因が公表されない理由については詳細は明らかになっておりません。しかしながら、予測されるのは病気を患っていた可能性はあるという事です。でなければ、年齢的にもハッキリと老衰だと公表されても不思議ではないからです。事実として亡くなられていますので、ご冥福をお祈り申し上げます。

女王を君主にしていたのは、英、加、豪、NZのほか、ジャマイカ、バハマ、グレナダ、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ツバル、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、ベリーズ、アンティグア・バーブーダ、セントクリストファー・ネイビスの合計15か国である。昨年11月まではバルバドスもそうだった。

アゴラ

上記の写真は凄いですね。亡くなられてしまった後に市民が集まった場で虹が出てきたという自然の現象。

エリザベス女王の死因は老衰なのかについて

前項目でも再三にわたって述べていますが、死因は老衰であればハッキリと公表すると思われますから、病気を患っていて入院治療はせずにいた可能性は高いと見られます。

チャールズ皇太子が国王となったが、BBCはチャールズ3世と報じている。ジョージ7世となるかもといわれたがチャールズ3世ということになったらしい。チャールズ一世は処刑され、チャールズ二世は退位を強いられたのでチャールズの名は避けるかもといわれた。避けられるかもしれないといわれていた。(ジョージ6世は即位するまではアルバートだった前例もある)

アゴラ

エリザベス国王は多くの市民から尊敬されていた事が感じられます。繰り返しますが、ご冥福をお祈り申し上げます。

まとめ

以上が、今回の【エリザベス女王の死因は病気?公表されない理由と老衰なのかも調査】でした。

最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる