門田博光は何の病気だったのか経歴や生い立ちは?妻や家族についても調査

今回は、昭和のプロ野球選手門田博光さんが、2023年1月23日に亡くなられたことで調べてみました。

2023年1月23日に予定されていた通院治療に現れず、病院が警察に連絡し相談した結果、兵庫県相生市の自宅に警察官が訪ねたところ、倒れていた門田博光さんを発見、同日に死去したとの事です。ご冥福をお祈り申し上げます。

目次

門田博光は何の病気だったのか?

門田博光さんは、糖尿病を患っていたという情報があります。2005年に小脳梗塞で倒れた事もあった様で、緊急入院している。複数の病気を患っていたようです。

晩年は糖尿病などの影響で体調を崩し、人工透析を受けるなど療養生活を続けていた様です。昔のイメージしかなかったので、最近の写真はかなり年を取った感じがします。

門田博光の経歴

門田博光さんは、高校は甲子園常連校の天理高校へ入学し卒業後は、社会人野球でクラレ岡山でプレー、1969年・ドラフト2位指名で南海ホークスに1970年・入団しプロ入りを果たす。1989年・南海ホークスはダイエーに買収され福岡ダイエーホークスとなり、福岡に本拠地移転することになったが、子供のためにこの時点での単身赴任を避けたくオリックスに移籍します。1991年・子供の進学で単身赴任が可能となる等の家庭環境の変化と古巣への愛着から、オリックスを自由契約となる形で古巣の福岡ダイエーホークスに復帰しました。1992年・現役引退。

南海ホークス時代は、野村克也さんとソリが合わなかった様です。門田さんはフルスイングを持ち味としているが、野村さんからは「大振りをやめろ」と再三注意されたそうです。門田さんはそれを聞くことはなく、自分のスタイルを貫いて2年目からレギュラーを掴んだと・・・

門田さんは奈良・天理高、クラレ岡山を経て1970年ドラフト2位で南海に入団。79年2月のキャンプで右アキレス腱を断裂する大けがを負った。懸命なリハビリの後、指名打者(DH)として復活。81年に初の本塁打王を獲得し、40歳の88年に本塁打、打点の2冠とパ・リーグMVPに輝いたことから「不惑の大砲」と呼ばれた。南海がダイエーへの身売りで消滅した89年にオリックスに移籍。91年に古巣となるダイエーに復帰したあと92年限りで現役を引退した。23年間でタイトルは本塁打王3度、打点王2度、最高出塁率3度。通算567本塁打、通算1678打点はともに歴代3位。通算2566安打は歴代4位で、2006年には殿堂入りを果たした。

Yahooニュース

門田博光の生い立ちは?

門田博光さんは、山口県小野田市(現、山陽小野田市)に5人兄弟の三男として生まれました。父が貿易関係に失敗し、一家で奈良市に移って育ちました。

昔の時代は、5人兄弟とかは普通にいた昭和時代ですね。2023年現在は少子化で問題になっていますが。

門田博光の妻は?

門田博光さんは、何年に結婚したかは詳細情報は分かりませんが、長年連れ添った妻がいることは判明しました。

よく野球選手の奥さんは、一緒にテレビに出たりしますが、門田さんの奥さんについては詳細は分かりませんでした。

門田博光の家族について

門田博光さんは、結婚して2人の子供さんに恵まれています。息子1人・娘1人がいます。4人家族ですね。

門田さんの子供さん達は、2023年現在でおそらく40代~50代くらいではないかと思います。繰り返しますが門田さんのご冥福をお祈り申し上げます。

まとめ

以上が今回の【門田博光は何の病気だったのか経歴や生い立ちは?妻や家族についても調査】でした。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる