かなでっち!の本名や年齢は?経歴や出身高校についても調査

今回は、昭和の歌姫・藤圭子さんの姪で、歌手宇多田ヒカルさん(39)のいとこにあたる女性が2022年8月24日に演歌でCDデビューしたという事で調べてみました。

2022年2月に51年ぶりの再メジャーデビューを果たした藤圭子さんの兄の演歌歌手藤三郎さん(72)の長女「かなでっち!」(年齢非公表)という事なのですが・・・

目次

かなでっちの本名

まずは、かなでっち!の本名が気になるところです。調べてみましたが詳しい情報は見つけられませんでした。こちらは、デビューしてからテレビ出演などのオファーがあったり宇多田ヒカルさんの発信などで今後は情報公開を待ちたいと思います。他にも情報が分かり次第追記したいと思います。

宇多田ヒカルさんの活動についても、今後の動向を観ていきたいと思います。かなでっち!はまだデビューが発表されて間もないですから、これから多くの情報公開がされていくのではないかと予測します。

CDで父子競演デビューを勧めたのは三郎。子どものころから歌が好きなのは知っていたが「昨年の秋、娘が来て『私の歌を聴いてよ』って森昌子さんの『哀しみ本線日本海』など数曲を歌った。その時、うまくなったなあ。彼女の歌で出したいな」と思ったと明かす。「『私を忘れないで』は娘の声質に合わせ、声を張り上げないでも魅力が伝わるメロディーに作曲した。娘とCDが出せて幸せです」とニンマリ。かなでっち!は「自分なりの表現で歌うことを楽しんだ」と満足げ。

yahooニュ-ス

父親の三郎さんがデビューを勧めたというので、余程の実力を感じた事と思われますね。

かなでっちの年齢は?

年齢については、年齢非公表となっていますから正確な情報は得られませんでしたが、見た目から予想されるのは宇多田ヒカルさんと同年代で30代後半ではないかと思います。こちらも詳しい情報が入り次第追記したいと思います。

父親で演歌歌手の藤三郎さんが2022年8月現在で72歳という事ですから、考えてみるとかなでっち!の年齢は30代後半から40代前半ではないかとも予測出来ますね。

かなでっちの経歴

かなでっち!はアマチュアながら、そのネームでカラオケアプリ「ポケカラ」でポップスを中心に歌声を毎日配信している様でコンテストで優勝経験もある実力派だという事です。「演歌の曲ははあまり知らない」と明かしていますが、やはり一族の血なんですかね?しかしながら、おそらくはアラフォー世代ではないかと思われますが、今回のデビューに至るまでに何をしてきたのかが個人的には気になりますが・・・(笑)普通に勤めていた家系とは思えませんが、詳しい情報は見つけられませんでした。

デビューしたので、これから詳しい情報が出てくると予想されますから経歴も近く判明するのではないかと個人的には考えています。

ちなみにCDの楽曲は三郎さんが「我が人生いかされて」、かなでっち!が「私を忘れないで」で、ともに辻正司作詞で三郎さんが作曲した演歌だとの事です。

かなでっちの出身高校について

かなでっち!の出身高校についても全く情報が得られず、今後の調査で詳細は分かり次第追記したいと思います。

藤圭子さん、宇多田ヒカルさんとつながる歌ウマDNAを持つ新人に要注目だという事ですが、藤圭子さんが急死して2022年8月22日で9年になります。このタイミングでかなでっち!のデビューというのも何かの知らせと言いますか、運命的な流れを感じますね。

まとめ

以上が、今回の【かなでっち!の本名や年齢は?経歴や出身高校についても調査】でした。

今回の調査では、あまりにも情報が得られず今後の情報公開に期待するしかないといったところですが、詳しい情報が入り次第また追記したいと思います。

最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる