韓国ハロウィン事故の犯人は誰で名前や顔画像は?梨泰院(イ・テウォン)で押せと言った男の特徴についても

今回は、2022年10月29日に韓国の梨泰院(イ・テウォン)で起きた、日本人2人を含む死者154人となった事故について調べてみました。

事故という事ですが、実はこの大惨事の背景に犯人がいたという声が上がってきています。

目次

韓国ハロウィン事故の犯人は誰?

事故を起こした犯人は、ウサギ耳の帽子を被っていたという情報がありますが、詳細については情報は錯綜しており、ウサギのカチューシャやウサギのヘアバンドといった事が上がっています。

事故が起きたイテウォンは韓国有数の繁華街で、アメリカ軍の施設が近くにあるということもあり、昔から多くの外国人が訪れる場所となっています。最近では韓国ドラマの舞台としても知られていて、日本人観光客も多く訪れるエリアです。路地には各国の料理を提供する飲食店やナイトクラブが立ち並び、週末には多くの若者や観光客でにぎわう人気スポットです。事故現場は地下鉄イテウォン駅を出てすぐの、飲食店とホテルに挟まれた狭い通りです。幅3.2メートル、長さは45メートル程度の細い坂道です。事故が起きた10月29日午後10時15分ごろ、現場やその周辺には数万人が集まっていたとみられ、突然、坂の上の方から次々と折り重なるように人々が倒れていったということです。

NHK

なぜ、こんなに狭い通路に人が集中してしまったのでしょうか?10万人以上の人が集まったとされていますが・・・

韓国ハロウィン事故の犯人の名前は?

押せと言った犯人の特徴はウサギの被り物か、カチューシャか確定はしていないですが名前についても、さすがに情報は分かりませんでした。

私が個人的に知る限りでは、群衆雪崩の圧死という事故は過去にも記憶にないのですが、今回は呼吸困難や圧死が群衆により起きてしまったという事で、亡くなられた方々へご冥福をお祈り申し上げます。

韓国ハロウィン事故の犯人の顔画像は?

顔画像については、やはりこちらも情報は分かりませんでした。事故のハッキリとした原因については、特定の犯人を例え見付けられたとしても、亡くなった方々の命は戻ってはきません。

警備体制の問題とも言われていますが、結果的に事実上起きてしまった事は時間を取り戻す事も、命を取り戻す事も出来ません。

梨泰院(イ・テウォン)で押せと言った男の特徴についても

情報は錯綜しておりますが、群衆の中で押せと言った犯人の特徴は、やはりウサギ耳の帽子を被っていたかカチューシャの男という事です。

よくエスカレーターとかでも、密集していて危ないなと感じることもあります。

ユーチューバーのソン・ヨジョンは30日午前、自身のインスタグラムで前日夜にソウル龍山区(ヨンサング)梨泰院で目撃した状況を伝えた。当時ソン・ヨジョンは「あまりにも混み合っているので行かない方よい。圧死して騒ぎが生じた。さらなる事故なければいい。私は1時間前から家に帰ろうとしているが帰れない状況」とし、事故現場の写真を共有した。この写真はSNSを通じて広まった。続いて事態が深刻化すると「実際、まだショックで眠れない。現場にいただけに衝撃が大きい。私も呼吸が苦しくなって前が白くなった時その短い瞬間が走馬灯のように過ぎていくが、このまま押されれば転倒して下敷きになって死ぬか、息が詰まって死ぬかという考えになった」と当時の状況を明らかにした。

Yahooニュース

更に伝えたいのは、日本の満員電車も今回の事故になりかねない危険があると感じられますね。対岸の火事として見ることをせずに、誰もが皆周囲の人達の事も踏まえて、自己中心的な行動をとらず調和の心と行動を望みます。

まとめ

以上が今回の【韓国ハロウィン事故の犯人は誰で名前や顔画像は?梨泰院(イ・テウォン)で押せと言った男の特徴についても】の調査でした。

最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる