高須克弥院長の死亡デマを流した犯人は誰で名前や顔画像は?複数犯か人数の特定についても

今回は、2022年2月にSNS上で高須克弥院長に関する噓の情報を書き込んだ疑いの犯人について調べてみました。

捜査関係者によると、愛知県警に12日付で書類送検された様ですが・・・

目次

高須克弥院長の死亡デマを流した犯人は誰?

高須克弥院長の死亡デマを流した犯人は誰なのか?というところですが、調べによると埼玉県越谷市に住む無職の20代男性という事です。

男性は今年2月、インターネット掲示板「5ちゃんねる」に、高須院長について「末期癌で入院中にコロナ感染し重体」などと事実と異なる誹謗中傷のスレッドを3件立てた、名誉棄損の疑いが持たれています。また男性は、「高須院長がひき逃げの疑いで逮捕された」などとウソの投稿を書き込んでいたとみられ、調べに対し容疑を認めているということです。高須院長の告訴を受け、警察は今年6月に男性の自宅を捜索し、押収したパソコンを解析するなど容疑の裏付けを進めていました。

yahooニュ-ス

正直なところ、SNS上で拡散された情報に私は本当に高須院長がヤバいんじゃないかと、事実でない書き込みに騙されてましたね・・・(笑)

高須克弥院長の死亡デマを流した犯人の名前は?

高須克弥院長の死亡デマを流した犯人の名前については?現在のところ情報は見つかりませんでした。20代ですから本来なら名前が公表されてもおかしくないですが、無職で若い世代が世間で名を晒されて立ち直るキッカケが得られなくなるのも未来の日本を考えると良くないですよね。

上記でも述べましたが、重罪でない若気の至りで社会復帰が困難な状況になってしまうのは若者にとっては厳しいですね。ですが先日の、山口県の誤送金事件の様に社会復帰を補助する人もいますから、日本もまだ捨てたもんじゃないかな?と思いたいところでもありますね。

高須克弥院長の死亡デマを流した犯人の顔画像は?

上記項目と似た部分がありますが、高須克弥院長の死亡デマを流した犯人の顔画像については?気になるところです。しかしながら、やはり世間に名前や顔が晒されてしまっては重罪でない場合は社会復帰が厳しくなりますから罪を犯した人間をかばう訳ではありませんが、難しいところですね。

美容外科「高須クリニック」の院長、高須克弥氏(77)が16日、ツイッターを更新。今年2月の自身の死亡デマを流した犯人が、逮捕されたことに関して報告した。逮捕された男性は、今年2月インターネット掲示板に、高須院長について「末期癌で入院中にコロナ感染し重体」などと事実と異なる誹謗中傷のスレッドを立て、また「高須院長がひき逃げの疑いで逮捕された」などとウソの投稿を書き込んでいたとみられ名誉棄損の疑いが持たれている。この日、死亡デマを拡散した犯人が捕まり、テレビ局からコメントを求める電話があり「『警察の優秀さに感服』とほめちぎった。なう。」とつづった。

サンスポ

何にしてもSNS上で誹謗中傷して拡散するような事は陰湿な感じがしますので、デマや噓の情報公開は本当に辞めていただきたいです。

高須克弥院長の死亡デマを流した犯人は複数犯か人数の特定について

2022年の1月に、まとめサイト上で「【速報】高須院長、末期癌で入院中にコロナ感染し重体」というデマ情報が拡散され、“死亡説”がSNSで飛び交ったのですが、これに対して高須克弥院長は2月に刑事告訴したと発表しています。「かっちゃん死亡をツイートした複数の犯人を刑事告訴しました。受理されました。まもなく捕まると思います。犯人の方々にお伝えします。隠蔽工作などせず。自首するようおすすめします」と呼びかけていました。この内容から複数の犯人がいると思い調べましたが、現在のところ、無職の20代男性1人のみしか書類送検されてない様です。こちらは情報が入り次第、追記したいと思います。

何にしてもSNS上で誹謗中傷して拡散するような事は陰湿な感じがしますので、デマや噓の情報公開は本当に辞めていただきたいです。

まとめ

以上が、今回の【高須克弥院長の死亡デマを流した犯人は誰で名前や顔画像は?複数犯か人数の特定についても】の調査でした。

最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる