ユ・ジュウンはなぜ自殺したのか死因は?家族への遺書全文内容と経歴についても

今回は、27歳の若さで死去した女優ユ・ジュウンについて調べてみました。

まず最初に、ご冥福をお祈り申し上げます。

ユ・ジュウンは「演技をとてもやりたかった」とし「ある意味で私のすべてであり、私の一部だった。でもその生活を送るのは易しいことではなかった」と打ち明けてます。一体なにがあったのか?

目次

ユ・ジュウンはなぜ自殺したのか?

ユ・ジュウンの兄が、インスタグラムで遺書を公開したことで、その死が明らかになった様ですが。現在は既に非公開となっているとの事です。

1995年生まれのユ・ジュウンさんは2018年ドラマ『愛と笑いの大林洞(テリムドン)-ビッグ・フォレスト-』でデビューし、ドラマ『朝鮮生存記』などに出演した。故人の焼香所は京畿道水原市(キョンギド・スウォンシ)の亜洲(アジュ)大病院葬儀場に設けられる予定だ。出棺は31日となっている。

yahooニュ-ス

ユ・ジュウンの死因は?

死因については、詳細情報が分かりませんでしたが、海外メディアでは自殺という事と遺書についてなどは既に公表されていたようです

ユ・ジュウン焼香所は京畿道水原市(キョンギド・スウォンシ)の亜洲(アジュ)大病院葬儀場に設けられる予定だという事です。出棺は31日となっている。女優として活動していくなかで、ずっと悩んでいたことがあったのでしょうか?ずっと考えていたとも遺書には述べられていたので、ここ最近だけの事ではない様ですね。

ユ・ジュウンの家族への遺書全文内容は?

家族への遺書全文内容は、以下に観られました。

「私が先に行ってごめんなさい。特にお母さん、お父さん、おばあちゃん、お兄さんのために。もう生きたくないって心が叫んでいます。私がいないと虚しいと感じるかもしれませんが、頑張ってください。私は見守ってます 泣かないで 体がボロボロになります。今は全然悲しくない。実際、私はとても落ち着いています。ずっと考えていたからかもしれません。私はそれに値しないほど幸せな人生を送ってきました。私は満足しています。これで十分です。ですから、誰のせいにもせず、人生を歩んでください。私は死んでいません。それでは皆様、どうか良い人生を。私の葬式で多くの人に会えることを願っています。本当は演技がしたかった。多分それは私のすべてだったのかもしれませんし、私の一部だったのかもしれません。しかし、その人生を歩むことは容易ではありませんでした。私は他に何もしたくありませんでした。それは壊滅的でした。夢を持つことは祝福であると同時に呪いでもあることに気づきました。神は私を愛しているので、私を地獄に送ることはないと確信しています。彼は私の話を聞いて世話をしてくれます。だからみんな心配しないで。そして、愛する家族、友人、愛する人へ。私を愛してくれて、愛してくれてありがとう。それは私の力でもあり、私の笑いでもありました。最後まで忘れられない思い出を残せたので、成功した人生を送ったと思います。理解して我慢してくれてありがとう。もっと表現できなくてごめんなさい。しかし、あなたが理解してくれることを願っています。

Gスターライブ

最後に続きます。↓↓↓↓

そして、私を知ってくださった皆様、特に先生方、本当にありがとうございました。人生についてたくさんのことを教えてくれてありがとう。 ママ、パパ、愛してる。泣かないでください。お願い。安らかにお眠りください、ユ・ジュウン。

といった遺書全文内容がありました。

ユ・ジュウンの経歴について

  • 名前:ユ・ジュウン
  • 生年月日:1995年5月3日(享年27歳)
  • 身長/体重:165センチ/?キロ
  • 出身地:韓国
  • 職業:女優
  • 特技:中国語・英語

韓国芸術総合学校演技科に所属していたユ・ジュウンですが、2018年に23歳でドラマデビューをしています。それが【ビッグフォレスト】で、2019年には【朝鮮生存記】に出演し、他にも【2度はない】に出演していました。大学時代は演出家を目指していた様ですが、演技の勉強を始めたらハマってしまい女優を目指す事になったみたいです。

韓国の俳優や女優の自殺が多い気がしますが、負の連鎖は食い止めて欲しいです。人間だけが自らの命を自身で絶つ事が出来てしまいますが、自殺は1番良くない事です。動物は自らで命は絶ちません。自然に学び、真っ当に人生を送って欲しいと願うしかありません。

まとめ

以上が、今回の【ユ・ジュウンはなぜ自殺したのか死因は?家族への遺書全文内容と経歴についても】の調査でした。

最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる